生活習慣病に配慮した献立メニューの紹介です
page top
寒い夜は暖かい汁ものを
PA080842ブログ用

PA080848ブログ用


献立名;
ごはん
252kcal 炭水化物55.7g 蛋白質3.8g 脂質0.5g

豚汁
129kcal 炭水化物11.5g 蛋白質4.6g 脂質7.3g


焼き鮭
113kcal 炭水化物1.4g 蛋白質18.3g 脂質3.4g

赤キャベツとコーンのサラダ
56kcal 炭水化物4.7g 蛋白質1.3g 脂質3.8g

合計
550kcal 炭水化物73.3g 蛋白質28g 脂質15g


ポイント;味噌は古くから日本人の主要な蛋白源で江戸時代中盤以前はおかず的な位置づけだったようです。
赤味噌・白味噌の違いは、大豆や麹のたんぱく質と糖分によるメイラード反応に由来します。
一般的な味噌は米味噌ですが、材料は豆、米、麦と地域によって様々です。
良質な蛋白質の他に植物性乳酸菌やイソフラボンといった機能性成分も豊富です。
ただし塩分が多いので摂りすぎには注意が必要。味噌汁1杯で1.5~2gの塩分が含まれます。

材料;(1人分)
豚もも肉   10g
ごぼう    5g
人参     20g
たまねぎ   25g
こんにゃく  10g
かぼちゃ   15g
長ねぎ    10g
ごま油    5g
混合だし   150g
味噌     10g

つくり方
1.野菜を食べやすい大きさに切り、こんにゃくは下茹でして臭みをとっておく
2.鍋を熱して油を入れ豚肉を油が出るまで炒める
3.いったん2を取り出し、1の野菜(ねぎとかぼちゃ以外)を入れて蓋をして蒸し煮にする
4.野菜がしんなりし始めたら出汁とかぼちゃ、豚肉を入れて煮る
5.仕上げに味噌と長ねぎを加えて一煮立ちさせる
栄養士今日この頃;
急に寒くなりましたね。これからは汁物や鍋がおいしい季節です。
野菜をたっぷり食べられるのが汁物のよいところですが、塩分摂取量には注意が必要です。
汁物や汁気の多い料理(カレーやシチュー、おでん等)は1日1回までを目安に。汁物を食べたときは加工品(漬物・干物・練り製品・佃煮・ハムソーセージ類)を合わせてとらないようにしましょう。
足し算引き算を上手に行っておいしくこれからの季節を乗り切っていきましょう。
スポンサーサイト
© 健美菜食. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG