生活習慣病に配慮した献立メニューの紹介です
page top
夏野菜が出回ってきました
CIMG2147_convert_20100623210631.jpg
CIMG2148_convert_20100623210831.jpg



献立名;
ごはん
252Kcal 炭水化物55.7g 蛋白質3.8g 脂質0.5g

豆腐ステーキ
165kcal 炭水化物8.8g 蛋白質11.1g 脂質9.5g

トマトときゅうりの酢の物
72kcal 炭水化物8.3g 蛋白質10.7g 脂質0.7g

なすの煮びたし
23kcal 炭水化物5.2g 蛋白質0.9g 脂質0.1g


合計
476Kcal 炭水化物69.7g 蛋白質29.6g 脂質8.0g



ポイント;
なすの大部分は水分で出来ており、体を冷やす作用があります。「秋なすは嫁に食わすな」ということわざには、単なる嫁いびりという説だけでなく、『涼しくなる秋になすを食べると身体が冷えて体調を崩すから』、という思いやりだという説もあります。低カロリーでたくさん食べられるので、減量にはお勧めですが、油をよく吸収するので、調理には気をつけましょう。栄養成分は少ないとされてきましたが、皮には抗酸化作用を持つナスニンやフラボノイドなどが存在しています。煮浸しなどでも皮ごと食べましょう。




材料;
なす    80
だし   100
大根    50
青ねぎ    1



作り方;
1.なすはへたを付けたまま、先から6割くらいにかけて十字に切りこみを入れる。
2.鍋にだし、しょうゆを入れ火にかける。沸騰したらなすを入れ、
  弱~中火で20分ほど煮込む。
3.粗熱が取れたら冷蔵庫に入れ、冷やす。
4.大根はおろし、青ネギは小口切りにして、添える。
栄養士の今日この頃;

暑くなって来ました。夏本番はまだまだですが、つい暑い日にはアイスが食べたくなりますよね。クリーム系のアイスだと、100gで200kcalほどあったりしますが、ソーダアイスなど、氷系のアイスだと40kcal程度に抑えられたりします。最近はカロリーコントロールアイスなるものも販売されています。食べたいときには「どうすれば食べられるか」を考えながら、おなかや血糖と相談してみてくださいね。
スポンサーサイト
© 健美菜食. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG