生活習慣病に配慮した献立メニューの紹介です
page top
初夏のきゅうりを使って
2010625_convert_20100524134958.jpg
2010625迪ョ遶祇convert_20100524135948
献立名;
ごはん
252Kcal 炭水化物55.7g 蛋白質3.8g 脂質0.5g

鶏肉のグリル
134kcal 炭水化物4.0g 蛋白質19.5g 脂質3.9g

五目きんぴら
71kcal 炭水化物8.9g 蛋白質1.9g 脂質3.2g

おろし和え
39kcal 炭水化物6.7g 蛋白質5.3g 脂質2.1g


合計
496Kcal 炭水化物75.3g 蛋白質26.7g 脂質9.7g



ポイント;
キュウリは水分が96%と多く、栄養素はビタミンC、カロチンなどですが、その含有量は少なく、栄養野菜ではありません。むしろ、その歯ざわりやサッパリとした味覚を味わうものですね。
 昔から民間療法では、利尿、消炎、催吐などに利用され、中でも、利尿効果は大きく、体の「むくみ」や「だるさ」をとる「水気をおろす」野菜として用いられてきました。特に、皮の部分が効果的です。キュウリに含まれるカリウムは、体内でナトリウム(塩分)を排出し、高血圧の予防にも役立ちます。




材料;
大根         80
胡瓜         20         
えび         20
酢           5
レモン果汁     10          
塩          少々
         
 




作り方;
1.大根はおろして水気をきる
2.きゅうりは薄く輪切りにして、塩をふっておく
3.えびは熱湯で茹でて、殻を取り除いておく
4. きゅうりがしんなりしたら水気を絞る
5. 3と4を酢とレモン果汁で和えてから大根おろしとあわせる






広島出身栄養士の今日このごろ

知っている方は多いとは思いますが、
肉じゃがに使う肉にも西日本と東日本で違いがあります。
(家庭でも違いがあるとは思いますが)東日本→豚肉で、西日本→牛肉。

ここ茨城(関東圏)では豚肉が主流だと思うのですが、牛肉よりは低カロリー。
カロリーは約1.5倍も違ってきます。
ただし、ばら肉は豚といえども脂肪が多い食品なので要注意。
お肉は脂身の少ない部分を選んで使用しましょう。

さらにカロリーを抑えるなら、
鶏ムネ肉や(オイル使用のない)ツナでも美味しいじゃが煮ができますよ。
スポンサーサイト
© 健美菜食. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG