生活習慣病に配慮した献立メニューの紹介です
page top
旬のそら豆を使った「五月碗」
IMG_0960_convert_20100426141256.jpg
IMG_0963_convert_20100426141634.jpg

献立名;
たけのこごはん
257Kcal 炭水化物51.8g 蛋白質6.2g 脂質2.2g

豚肉のピリ辛たれ
157kcal 炭水化物5.4g 蛋白質19.1g 脂質1.3g

アスパラのきんぴら
50kcal 炭水化物3.1g 蛋白質1.7g 脂質3.6g

五月椀
68kcal 炭水化物14.2g 蛋白質2.7g 脂質2.0g


合計
524Kcal 炭水化物74.5g 蛋白質29.7g 脂質9.1g



ポイント;そら豆は、でんぷんとタンパク質が主成分。あとは野菜特有の栄養素であるビタミンB1・B2・Cやむくみ解消効果のあるカリウム・カルシウム。そして整腸効果のある食物繊維を含んでいます。このようにそら豆は栄養的にもすばらしい食材ですが、炭水化物であるでんぷんが多い食品です。そら豆を使う場合、同じ糖質類のものと交換が必要になってきます。今回の献立「たけのこご飯」のようにご飯の量を減らしてもボリューム感のある組み合わせがよいでしょう。
 




材料;
ごぼう         15
人参           5          
しらたき        20
しいたけ        10
そらまめ        30          
だし          
塩          0.5
うすくち        3
料理酒          2
粉さんしょう     適宜


作り方;
1.にんじん・ごぼうは3cm長さにせん切りし、ごぼうは酢を少々入れた水に放す。水の色が変わったらザルにとり、ざっと水で洗い水を切る。
2.しいたけは、かさを菜ばしで軽くたたいて汚れを落とし、かたく絞ったふきんでふいて石突を取って薄切りにする。
3.そら豆はさやから出し、割れ目のない側に浅く縦に切り目をいれ、塩を少々加えた湯で3分間茹で、ザルに上げて薄皮から出す。
4.鍋にだしを煮たて、そら豆以外の材料を入れ強火にし、再び煮立ったら中火にして調味料を加えて味を調える。
5.具を椀に盛り付け、そら豆をのせて熱い汁をよそう
。仕上げに粉さんしょうをふる。
広島出身栄養士の今日この頃
 ねぎ
関東圏の茨城県に来てびっくりしたことの一つが「ねぎ」。

「ねぎ=青葱」が主流だと思っていたのに、こちらでは「ねぎ=白葱」。
しかも青葱がただの葱ではなく「万能葱」というりっぱな名前だったことにさらにびっくりしました。
他の食材や調味料との相性があるので、旬の食材とそれぞれの特徴をうまく生かしつつこれからの料理で紹介していきたいと考えてます。
スポンサーサイト
© 健美菜食. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG