生活習慣病に配慮した献立メニューの紹介です
page top
旬のブリを使って
CIMG1718_convert_20100120233835.jpg

CIMG1719_convert_20100120234727.jpg

献立名;
ごはん
252Kcal 炭水化物55.7g 蛋白質3.8g 脂質0.5g

ブリの生姜焼き
173Kcal 炭水化物2.3g 蛋白質13.3g 脂質10.6g


煮物
34kcal 炭水化物8.5g 蛋白質1.7g 脂質0.1g

きのこのチーズホイル焼き
60kcal 炭水化物5.7g 蛋白質2.4g 脂質3.6g


合計
519Kcal 炭水化物16.5g 蛋白質17.4g 脂質14.3g



ポイント;
ブリは青魚の中でも栄養が豊富であり、良質なたんぱく質だけでなく、ビタミンや、DHA(ドコ サへキサエン酸)・EPA(エイコサぺンタエン酸)といった不飽和脂肪酸も多く含まれています。DHAやEPAには学習能力の向上や、動脈硬化などの生活習慣病予防効果があります。不飽和脂肪酸は通常酸化されやすいのですが、ブリには抗酸化ビタミンであるビタミンEも含んでいるため、脂質の酸化を抑制することができます。ブリのビタミン類は主に血合いの部分に含まれています。この季節のブリは、脂がのっていておいしい反面高カロリーです。必ず野菜を添えるなどして食べすぎないように気をつけましょう。



材料;
ブリ   60
しょうが 8
酒    10
ししとう 20



作り方;
1.しょうがは5gおろし、酒、しょうゆと混ぜ、ブリを浸けて下味をつける。
  (ブリにフォークで数か所穴をあけておくと味が浸みこみやすい)
2.熱したフライパンにクッキングシートを敷き、ブリを両面焼く。
3.ブリを取り出した後、残ったタレでししとうを焼く。
4.器に盛り、残りのしょうがを千切りにしたものを載せる。

スポンサーサイト
© 健美菜食. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG