生活習慣病に配慮した献立メニューの紹介です
page top
これから美味しくなるトマトを和風に
献立0413
トマトの酢味噌あえ


献立名;
ごはん 
252Kcal 炭水化物55.7g 蛋白質3.8g 脂質0.5g

鮭の木の芽焼 
109kcal 炭水化物3.2g 蛋白質15.8g 脂質3.0g

トマトと九条葱の酢味噌あえ
53kcal 炭水化物11.4g 蛋白質2.1g 脂質0.6g


菜の花の辛子あえ
17kcal 炭水化物3.3g 蛋白質1.7g 脂質0.0g

中華風冷奴
107kcal 炭水化物4.2g 蛋白質7.9g 脂質6.5g



合計
538Kcal 炭水化物77.8g 蛋白質31.3g 脂質10.6g



ポイント;
トマトは、「トマトが赤くなると医者が青くなる」ということわざがあるほど健康によい野菜です。トマトの赤い色はリコピンという色素によるもので、赤色の濃いトマトほどリコピンが多く含まれています。 リコピンには強力な抗酸化作用があり、老化を防ぐ作用や、肌や皮膚を若々しく保つ美容作用、がん予防に効果があるなど多くの働きが近年注目を集めています。またトマトには、風邪の予防に効果的に働くビタミンC、脂肪の代謝を円滑にするビタミンB6、血液中の塩分を排出し高血圧予防に効果的なカリウムなどの栄養素が豊富に含まれています。さらに、水溶性食物繊維のペクチンが含まれ、便秘を改善するほか、老廃物や有害物質を排出する働きを促進し、生活習慣病(成人病)の予防に効果的です。リコピンをはじめとするトマトの栄養成分は、トマトが完熟したときに最も多くなりますので。 生で食べるときはなるべく完熟したものを選ぶとよいでしょう。これからの季節、路地ものが出回ります。1日1回は食卓に。




材料;
トマト     50
九条葱    40
わかめ    10
味噌      7
ざらめ     4
酢       4




作り方;
1.トマトは、くし型に切る
2.わかめは、水に戻して一口大に切る
3.九条葱は4~5センチに切り、ゆでて冷ます
4.鍋に、味噌、ざらめ、酢を入れて火にかけ練り、冷やす
5.冷めたら混ぜ合わせ、器に盛る
スポンサーサイト
© 健美菜食. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG