生活習慣病に配慮した献立メニューの紹介です
page top
貧血予防メニュー


IMG_4604.jpg

IMG_4603.jpg

貧血予防メニュー

献立名;
桜えびとひじきの混ぜご飯
232kcal 炭水化物49.0g タンパク質4.9g 脂質1.0g

彩りピーマンのオイスターソース炒め
183kcal 炭水化物11.1g タンパク質17.2g 脂質6.3g

青菜とあさりの柚子塩和え
47kcal 炭水化物3.0g タンパク質4.3g 脂質2.5g

ヨーグルト和え
84kcal 炭水化物14.2g タンパク質3.0g 脂質2.1g

合計546kcal 炭水化物77.3g タンパク質29.4g 脂質11.9g  鉄9.5㎎

ポイント;
今回は普段の食事で不足しがちな鉄分を補給できるメニューです。日本人の食事摂取基準2015では成人男性の1日の鉄分の推奨量は7.0~7.5㎎、月経のある成人女性では10.5㎎とされており、この1食で約1日分の鉄分を摂取することができます。野菜などに含まれる鉄分はビタミンCと一緒に摂取することで吸収しやすくなるため、ビタミンCが豊富なピーマンや果物も一緒に組み合わせました。

《彩りピーマンのオイスターソース炒め》
材料(1人前);
牛もも(赤身)…70g
酒…5g
醤油…5g
片栗粉…3g
ピーマン…40g
赤ピーマン…30g
しめじ…30g
オイスターソース…7g
醤油…5g
酒…4g
みりん…3g
おろし生姜…2g
油…3g

作り方;
1.ピーマン・赤ピーマンは千切り、しめじは石づきを除き手で裂く。
2.牛もも肉は細切りにし、醤油・酒で下味をつけ、片栗粉をまぶす。
3.オイスターソース・醤油・酒・みりん・おろし生姜を合わせる。
4.フライパンに油を熱し、2を炒める。
5.4に火が通ったら1を加えてさっと炒め、3を加えてよく絡ませ器に盛る。


栄養士の一言;
夏は食中毒の危険性が高まる時期です。食中毒の原因となる細菌の多くは、人の体温と同じくらいの37度前後の温度帯を好むため、調理済み食品を常温で保存しておくと、細菌が増殖してしまいます。調理済みの食品はラップをかけて冷蔵庫で保存するか、保冷剤や抗菌シートなどを活用し、夏の食中毒を予防しましょう。
スポンサーサイト
© 健美菜食. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG