生活習慣病に配慮した献立メニューの紹介です
page top
旬のごぼうを使って食物繊維を摂りましょう
DSC00371ブログ用1枚目
DSC00358ブログ2枚目用


献立名 ;
ごはん
252kcal 炭水化物55.7g 蛋白質3.8g 脂質0.5g

ぶりの照り焼き
181kcal 炭水化物6.2g 蛋白質13.9g 脂質10.7g

ごぼうのトマト煮
96kcal 炭水化物18.2g 蛋白質2.4g 脂質2.3g


菜の花のからし和え
20kcal 炭水化物3.5g 蛋白質2.6g 脂質0.1g

合計
549kcal 炭水化物83.6g 蛋白質22.7g 脂質13.6g
P比16.5% F比22.3% C比60.9%

ポイント ; 旬のごぼうは、食物繊維を大変豊富に含み、腸の働きを整えたり、コレステロールの増加を抑えて動脈硬化を防ぐ作用があります。また食物繊維は、腸の中で、発ガン物質を取り除く作用があるので、大腸ガンの予防にも効果的な食材です。さらに、腎機能を高め、利尿作用のあるイヌリンという成分を含んでいます。イヌリンは水分の吸収力に優れ、便から水分が腸壁へ出て行かないようにします。便の量が増えるので、腸壁を刺激し蠕動運動を促進して排便します。その過程でコレステロールを吸着していくので、イヌリンそのものは血圧降下や血糖値改善の成分としても知られています。

材料 : 1人前
ごぼう : 75g
トマト(カット缶) : 50g
玉ねぎ : 50g   
にんにく : 1g
オリーブ油 : 2g
固形ブイヨン : 1/8個
塩・こしょう・オレガノ : 適宜

作り方
1.ごぼうは4cm長さに切り、縦半分に切って水にさらす
2.鍋にオリーブ油、にんにくみじん切りを入れて火にかけ、玉ねぎのみじん切りを加えてしんなりしたら、ごぼうを加えてさらに炒める
3.水、固形ブイヨンを入れてふたをし、煮立ったら弱火で10分程煮る
4.トマトを加え、塩、こしょう、オレガノを入れて味を調え煮汁がとろりとなるまで煮る

栄養士今日この頃 :
1月は大寒を迎える冬本番ですね。この時季は身体の芯から寒くなる時季でもありますので、身体を温めるといわれている冬の旬の食材(白菜・大根・ごぼう・長ねぎ等の根菜類など)を取り入れた食事を摂るようにしましょう。 年始は何かとイベントが多い上、寒さで家にこもりがちになりますので、いつも以上に食べ過ぎに注意し、もし食べ過ぎたと思ったら次の日の引き算などで調整するようにしましょう。
スポンサーサイト
© 健美菜食. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG