生活習慣病に配慮した献立メニューの紹介です
page top
ホイル焼きでおいしくヘルシーに
20090917.jpg

200909172.jpg





献立名;
ごはん
252Kcal 炭水化物55.7g 蛋白質3.8g 脂質0.5g

鮭のホイル焼き
153kcal 炭水化物7.1g 蛋白質21.8g 脂質4.3g


イカと小松菜の炒め
73kcal 炭水化2.3g 蛋白質8.5g 脂質3.3g

キャベツと長ネギの味噌汁
27kcal 炭水化物4.0g 蛋白質1.7g 脂質0.6g

合計
505Kcal 炭水化物69.1g 蛋白質35.8g 脂質8.7g


ポイント;
"鮭の橙色はアスタキサンチンという成分で、にんじんやトマトの色と同じカロテノイドの一種です。
活性酸素による細胞や脂質の酸化が動脈硬化の一因となっていますが、アスタキサンチンには活性酸素を除去する働き、脂質の酸化を抑えるは働きがあるので動脈硬化の予防が期待できるとされています。
βカロテンを含むにんじん、ビタミンCを含むレモンを一緒に食べることで、アスタキサンチンの働きをより高めることができます。
また、鮭は白身魚に分類されますが、DHA(ドコサヘキサエン酸)やEPA(エイコサペンタエン酸)を比較的多く含んでいます。




材料;1人前
鮭(切り身) 90
たまねぎ 20        
しめじ 30
にんじん 30
レモン 10


作り方;
1.オーブンは180℃に予熱する。
2.玉ねぎは薄切り、しめじは石づきをとり、にんじんは花型(または短冊切り)にする。
3.アルミホイルを器のように成型し、鮭、玉葱、人参、しめじを載せて包む。
4.180℃のオーブンで、鮭に火が通るまで20~25分焼く。
5.しょうゆまたはポン酢をかけて食べる。
スポンサーサイト
page top
秋の味覚秋刀魚
献立0824

焼き秋刀魚




献立名;
ごはん
252Kcal 炭水化物55.7g 蛋白質3.8g 脂質0.5g

さんま塩焼き
195kcal 炭水化物2.2g 蛋白質11.3g 脂質14.9g


中華風卵とじ
64kcal 炭水化1.9g 蛋白質3.7g 脂質4.7g

秋なすの味噌汁
28kcal 炭水化物4.9g 蛋白質1.7g 脂質0.6g


合計
539Kcal 炭水化物64.7g 蛋白質20.5g 脂質20.7g



ポイント;
秋といえば 旬の魚はさんまです。
さんまには、必須アミノ酸をバランス良く含んだ良質のたんぱく質や、貧血防止に効果のある鉄分、粘膜を丈夫にするビタミンA、また骨や歯の健康に欠かせないカルシウムと、その吸収を助けるビタミンDも多く含まれています。
さらに、不飽和脂肪酸のDHA(ドコサヘキサエン酸)とEPA(エイコサペンタエン酸)が、さんまには豊富に含まれている。これら不飽和脂肪酸には、血液をサラサラに保ち、コレステロール値を下げる働きがあり、DHAは脳細胞の働きを活発にし学習能力を向上、痴呆やボケを防ぐ効果も期待できます。
青魚は脂質が多い分高カロリーです。摂取量にも注意しましょう。1回量は1/2尾を目安にしましょう。





材料;
さんま   80
塩        
大根おろし   50
柚子の皮   適宜
      



作り方;
1.さんまは内臓を取り除き水洗いして水気をきる
2.オーブンを200℃に熱しキッチンペーパーを敷き秋刀魚をのせ15分焼く
3.大根を鬼おろしでおろし軽く水気をきる
4.ゆずの皮を下ろす
5.焼けたさんまに柚子の皮をのせる
© 健美菜食. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG