生活習慣病に配慮した献立メニューの紹介です
page top
話題の生姜を使って
献立219
IMG_6530.jpg




献立名;
ごはん 
252Kcal 炭水化物55.7g 蛋白質3.8g 脂質0.5g

豚肉のしょうが焼き 
153kcal 炭水化物5.6g 蛋白質8.0g 脂質7.8g


きゅうりとめかぶのごま酢醤油あえ
54kcal 炭水化物3.9g 蛋白質2.9g 脂質3.5g

豆腐と九条葱の味噌汁
47kcal 炭水化物4.4g 蛋白質03.6g 脂質1.9g



合計
505Kcal 炭水化物69.6g 蛋白質18.3g 脂質13.7g



ポイント;
独特の辛味と香りが特徴の「しょうが」にはすばらしい効果・効能があります。辛味成分のジンゲロールは新陳代謝が活発になり、発汗作用を促すだけでなく血液の流れもよくしてくれます。
胃腸の働きもよくしてくれるので、食欲がない時なんかに食べると効果抜群です。
体を温める効果もあるので風邪や冷え性にも効果があります。
殺菌作用もあるので食中毒の予防にもおすすめです。

しょうが独特の辛味の素であるショウガオールは加熱するとジンゲオールという成分に変わります。これにすばらしい効果があります。今回は豚の生姜焼きにしてみましたが、日常的に摂るには、おろしたしょうがを熱い紅茶に入れて飲むと良いでしょう。



材料;
豚ロース    40
生姜     適宜
酒        4
醤油      6
玉葱      20
サラダ油    2
キャベツ    40
レタス     20
人参      5
トマト      20




作り方;
1.豚肉は酒とおろしたしょうがにつけておく
2.玉葱はうすきりにする
3.きゃべつ レタス 人参は線切りにして水に放しパリッとしたらざるにあげておきトマトはくし型に切る
4.テフロン加工のフライパンにサラダ油を熱し肉を焼き取り出す
5.同じフライパンで玉葱を炒め醤油で調味する
6.皿に肉を盛り玉葱のたれをかけ野菜を添える
  
スポンサーサイト
page top
春の訪れを感じさせる料理~菜の花を使って~
0206.jpg
0206-2.jpg


献立名;
ごはん
222kcal 炭水化物47.6g 蛋白質3.9g 脂質0.5g
鮭のホイル焼き味噌風味
160kcal 炭水化物2.6g 蛋白質11.7g 脂質1.8g
ふきの煮物
72kcal 炭水化物2.6g 蛋白質3.7g 脂質1.7g
菜の花の昆布茶和え
16kcal 炭水化物2.6g 蛋白質1.0g 脂質0.2g

低脂肪牛乳
88kcal 炭水化物6.6g 蛋白質4.4g 脂質5.5g
合計
558kcal 炭水化物62.0g 蛋白質24.7g 脂質9.7g


ポイント
菜の花はとても栄養成分に優れ、ビタミン・ミネラルを豊富に含んで
います。
なかでもカルシウムはほうれん草の3倍、鉄分はブロッコリーの3倍
含んでおり骨粗鬆症や貧血気味の方におすすめです。
菜の花には『イソチオシアネート』という辛味成分が含まれており、
これはわさびに含まれる辛味成分と同じもので抗菌作用や血栓予防に
効果的とされています。
この成分は細胞が壊れることでより吸収されやすくなりますのでよく噛んで食べるようにしましょう。


材料
菜の花 40g
切干大根(乾) 3g
人参 10g
昆布茶(顆粒) 0.5g


作り方
1.切干大根はぬるま湯につけて戻し、食べやすい大きさに切る
2.熱湯で菜の花を茹で水にさらしてから良く絞り、3cm程度の長さに切る
3.人参は細切りにしサッと茹で、水を切っておく
4.ボウルに1~3を入れ、昆布茶(顆粒)をふりかけ良く混ぜ味をなじませてから器に盛る
© 健美菜食. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG