生活習慣病に配慮した献立メニューの紹介です
page top
ブロッコリーが旬を迎えました
茹でブロッコリー

献立名;
ボイルブロッコリー
40kcal 炭水化物6.3g 蛋白質5.6g 脂質0.1g

ポイント;
ブロッコリーは美味しい季節を迎えました。ビタミンA、C、葉酸、カルシウム、食物繊維などを豊富に含みます。動脈硬化や老化を予防し、こらからの季節は風予防にも役にたちます。急峻な血糖の上昇も抑制します。マヨネーズで食べると美味しいですが、カロリーを抑えるために、ボイルします。このとき、一片のにんにくを加えますとコクがでて美味しくなります。他の料理に油を使用していなければ、オリーブ油を垂らしても美味しいです。


材料;
ブロッコリー 100g
にんにく 適宜
塩 適宜

作り方;
1.鍋に水を入れ沸騰させ、ブロッコリーとにんにくを入れる
2.茹で上がったらざるにあげ塩を振る


スポンサーサイト
page top
ひじきを使った減塩料理
081022-1


献立名
ひじきとスプラウトの梅和え
13kcal 炭水化物3.0g たんぱく質1.0g 脂質0.1g


ポイント
ひじきは食物繊維、鉄分を多く含みますが、煮物にすると炒め油や醤油などの塩分が多くなりがちです。
さっと茹でてサラダのように食べてみてはいかがでしょうか。
今回は減塩にもなるよう、梅肉で和えてみました。
よく水気を切って和えることもポイントです。


材料;1人前
ひじき(乾燥) 3g
スプラウト(今回は大葉のスプラウトを使用) 20g
梅干 10g(1/2個)


作り方;
1.ひじきは熱湯でサッと茹で、ザルにあげて水気を切る。
2.スプラウトは水で洗い、よく水気を切っておく。
3.梅は包丁でたたき、細かくしておく。
4.ボウルに1、2を入れ梅肉で和えて器に盛る。
page top
秋を感じる一品
1020img.jpg

IMG_5938.jpg



献立名   
ご飯                       
240kcal 炭水化物54.0g 蛋白質 6.0g 脂質 0.0g

豚肉と新生姜の炒めもの
208kcal 炭水化物 2.6g 蛋白質19.0g 脂質12.2g

ほうれん草としめじのゆず風味和え
24kcal 炭水化物 3.9g 蛋白質1.5g 脂質0.3g

大根とわかめの味噌汁
32kcal 炭水化物 1.3g 蛋白質3.2g 脂質1.6g
 
合計
504kcal 炭水化物 60.6g 蛋白質29.7g 脂質14.1g



ポイント;
食事に食物繊維が多く含まれるほど食後の高血糖を抑制します。
野菜だけではなく、きのこを一緒に和えるとよいでしょう。
秋らしく青柚子を使って醤油とおだしで合えてみました。



材料;1人前
ほうれん草   80g
しめじ      30
青柚子      5
出し汁     50cc
醤油       4




作り方;
1.ほうれん草は、3cmに切り色よく茹で、水にさらしザルにあげ軽く絞る
2.しめじは、小口に分けゆで、ザルにあげ冷ます
3.昆布とかつお節で、だしをつくる
4.柚子は薄く皮をむき、千切りにし水にさらしザルで水気をきる
5.ボールに柚子以外の材料をすべて入れ混ぜ合わせる
6.器に5を盛り、青柚子を飾る
page top
身体に優しいお料理~糖尿病療養を意識して~
本日より、お料理ブログを始めました。
川井クリニックの管理栄養士が2名、
日常の食生活(自宅の食事)を、
糖尿病療養に役立つように、写真を撮って更新していきます。

糖尿病に罹っていても、
こんなに美味しいものが食べられる
こんなにたくさん食べられると。

『糖尿病も悪くないな』と思えるよう・・・・・

旬の食材を大切にしながら作っていきます。
お楽しみに~~~
© 健美菜食. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG